お墓には耐久性の高い石材を

お墓は子々孫々、長く守っていかなければなりませんから、墓石がすぐに欠けたり、崩れてしまうことがないよう、その材質はしっかりと検討することが大事になってきます。お墓にはこの石を使う、という決まりはありませんが、実際にお墓に良いとされる石材は、風や日差しに長い年月耐えられる耐久性の高い石材といえます。また、その土地に合った石材を選ぶことも必要です。雨が多い、寒暖の差が激しい、海に近いなど、その土地の気候に大きな影響を受けるからです。その地方で、長く墓石として使われてきた石材なら安心です。もちろん見た目の美しさも大切な要素です。色や光沢など、いくつか見比べて選ぶとよいです。白、黒、緑など、墓石は色によってイメージが随分と変わってきます。和型の墓石ではグレー系の石がよく使われます。洋型やデザイン墓石では、赤っぽい色の石材を使ったり、いくつかの色味の石材を組み合わせて使ったりもします。

黒い墓石は良くないなどの俗説もありますが、何色がよくて何色が悪いといったことにはあまり根拠がありません。微妙な色の違いや石目の大きさなどを見て、好みのものを選ぶとよいです。国産の石材は産地によって銘柄が付けられ、伝統的に墓石として使われてきて名の通った石材や、産出量が少ない石材などは大変高価です。そういった石材は良い石材であることは確かですが、輸入石材の安い石材でも質のよい石材はたくさんあります。墓石の価格はデザインや加工法によっても違ってきますので、石材そのものの価格だけを考えずに、加工や工事なども合わせた全体の価格で検討することが大切です。石は重く輸送が困難であるため、墓石も、もともとはその土地の近距離で産出される石材を使用するのが一般的でした。その結果が、西日本では白色系、東日本では黒色系の墓石が多く見られることにつながっています。国産の石材は産出量も限られているため、現在では様々な国から輸入されています。また、石は何種類の中から実際に選ぶとなると、なかなか素人には判断がしにくいものです。カタログや小さなサンプルを見ているだけではイメージもつかめませんので、実際にお墓が建っているところにいって墓石を見て、磨いた後の様子や何年か経過した後の状態などを確認しておくことが大事です。

それでも石材のよしあしは外から見ただけで簡単に判断できるものではありませんので、経験上様々な石の特徴をよく知る石材店の説明やアドバイスを聞くことが非常に大切になってきます。

コメントを残す。

*