お墓を建てる手順と費用

お墓を建てるには、まず墓地を決めるのが一般的です。かつては広々とした郊外の墓地を好む傾向もありましたが、最近はお墓参りがしやすい近場の墓地を選ぶ人が増えてきています。お墓はお参りすることが最も大切なことです。家族でよく相談して、自分たちに合った墓地を選ぶようにすることがポイントになってきます。墓地は大きく分けて、公営墓地、民営墓地、寺院墓地の3つのタイプがあります。墓地によって永代使用料や利用規定は様々です。広告やインターネットなどから幅広く情報を集めて、比較検討すると効率的です。石材店は、ただ墓石の販売や加工をしているだけではなく、墓地から販売業務を委託されているところもあります。安心して任せられる石材店を先に決めて、石材店に墓地を紹介してもらうという方法もあります。石材店を決めたら、墓石を選び、デザインを決定します。

必要であれば、墓石に刻む文字もこのとき決めます。そして工事の施工となります。区画の基礎工事や外柵工事、石材の加工など、通常1~2ヶ月かかります。その後、完成したお墓を確認します。仕上がりの確認後に工事費を支払います。石材店に注文した段階で工事費の一部を支払う場合もあります。そして最後に、僧侶などの祭祀者を招き、墓石に魂を迎え入れる開眼供養の儀式を行います。これがお墓を建てる手順となります。また、手順と合わせて、いくらぐらいかかるのか、費用もおおよそ把握しておくことが大切です。お墓を建てるには、墓地の永代使用料と年間管理料、工事費用や石材費、石材の加工費、付属品の設置費用など、様々な費用がかかってきます。また、建立費だけでなく、開眼供養や納骨法要の費用も考えておく必要があります。寺院墓地では、檀家になるための費用が必要な場合もあります。このように、供養にかかる費用も総合して予算を立てて計画していくことが大切です。通常、墓石建立費とは、石材費、石材の加工費、墓地の外柵、納骨棺などの工事費、墓石や付属品の設置費などのことをいいます。しかし石材店によっては、『墓石建立費一式』として、墓地の永代使用料と墓石建立費を一まとめにした価格設定をしているところもあります。

まず複数の石材店に見積もりを出してもらって、内容や費用を比較検討するとスムーズに進みます。目安としては、和型石碑の場合は、平均価格が90万円前後、外柵は約100万円です。洋型石碑の場合は平均価格が約90万円、オリジナルデザインの場合には100万円~200万円程度となります。

コメントを残す。

*