疑問解決☆ES研修情報ガイド

top > ES研修について > ES研修というのは一体どんなものであるのか

ES研修というのは一体どんなものであるのか

 お客様満足度を高めるための研修というのが、色々とあるわけですが会社というのは何もお客様が全てというわけではなく当然働いてくれる人も重要になります。
つまりは従業員ということになるのですが従業員満足度というのも会社にとってはかなり重要です。
これをESというのですが、これを高めるための研修というのも色々と行われることが多くなっています。
それがES研修と呼ばれるものになります。
具体的にまずはどの程度の従業員満足度であるのかということを調べたりということはありますしそれを高めるために何をするべきであるのかということを知るという場合もあります。
働く個人の満足度というのはなかなか計りにくいものがありますが、それでも会社としてはしっかりと把握しておかなければならないことになるわけです。

 ES研修ですが自社で行うということもありますし、その手の研修に特化したところに従業員を派遣して把握させるということもありますし、そこから改善策などを出してもらうということもあります。
マネジメント力向上もそうですし、人事制度の見直しに関することなども従業員満足度にとても影響することになります。
企業側にとっては耳の痛い話となる可能性も高いです。
従業員の満足というのはダイレクトに給料という部分もあるでしょうし、人間関係ということもあるでしょう。
さらに言えば仕事の効率性が悪いとか現場で感じていますとやはり従業員満足度というのが低くなります。
ですから、そうした部分の改善などを、という結果がES研修の成果として出たときには上層部はそれを認めて改善しなければならないということになるからです。

 ESが高まることによって経営にものすごく大きな利点があるというのは間違いないのですが、極端な話として従業員が満足するというのは金銭をかけるやつを形にできるわけです。
待遇を良くすれば基本的には満足度自体が高くなるわけですから、研修なんてやる必要性はないと思うかもしれませんが具体的にはあまりお金に頼ることなく会従業員の満足度を高めることができるのを這うなんてものを研修で身につけるということが重要です。
経営者側が従業員の満足度を把握するということによってその後の対策なども立てやすくなるということになりますし、どこに不満を持ちやすいのかということを知ることになる研修というのはとても役に立つことでしょう。
お金をあまりかけることなく、継続的にESの向上、維持ができる方法を知ることができるわけです。

次の記事へ

カテゴリー