疑問解決☆ES研修情報ガイド

top > ES研修について > ES研修をすることによって相乗効果を狙おう

ES研修をすることによって相乗効果を狙おう

 企業の目的は開発した商品を世に広めることで生活を豊かにするだけでなく、その商品を購入したことで得られた利益を従業員を含む社会に還元することで持続可能な生活をできるようにすることです。
これまで日本の風土というのは商品を作って販売するだけの利益追従でしたが、現在はその流れを変えようと変革が起きています。
その変革の代表として、近年企業間で取り入れられているのがES研修と呼ばれるものです。
ES研修とは、外国の企業で率先して取り入れられている従業員満足度向上を名目にした研修になります。
なぜ従業員の満足度を上げる研修が国内外の企業で取り入れられるようになったのかと言うと、お客を満足させるためにはまず企業内の環境を浴することが重要ということが経済の研究によって理解されたことです。

 ES研修の目的は、簡単に言えば顧客を満足させる前に従業員の環境を良くすることで相乗効果を狙うのが目的です。
これまで日本の風土は働いた分の成果の多くは、商品開発と顧客に販売するための環境づくりに徹していたといえます。
しかし顧客有線の企業風土の裏には、従業員に過度な負担をかけていたのは事実です。
その過度な負担は従業員の生活に多大な影響を与えてしまい、その結果として少子高齢化や精神疾患の急増そして退職率の増加などが社会問題になってしまっています。
そのような状況は従業員の精神面の不安定化は、結局のところ企業の最大の目的である社会に還元する利益にも大きな影響を与えてしまうのです。
そこでES研修を実践して現在に問題を改めておさらいすることによって、企業内の環境を良くすることで従業員が楽しく仕事ができるようにするのが目的になります。

 結局のところES研修がどんなことをするのか分からないという人も多いのですが、その流れというのは3段階で習得を目指します。
最初の段階は、やはりES研修の意味を理解することです。
何度も言うようにこれまでの日本の風土というのは、顧客重視で働く従業員の負担は軽視しています。
それでは継続的な会社になりづらくなることを、改めてデメリットを紹介したうえで企業の経営者に理解してもらうことから始めるのです。
従業員に負担をかけるデメリットを理解したうえで、今度は現状の企業内の環境をおさらいしたうえで理想の形にもっていくのか検討を始めます。
現在の従業員の働く環境がどうなっているのか、もし従業員が笑顔で働いていない状況になっているのであればそれは社員にとって負担になっていることを意味します。
そこで現在の状況を検討したうえで、どうして負担になっているのか従業員に聞き込みを行って改善します。
最後の3段階目は、最終チェックを行って不備が無いかを確認しつつも継続してESがうまく行くように管理する流れになるのです。

次の記事へ

カテゴリー